本文へ移動

社長ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

神在月と神無月

2018-11-26
昔から出雲には全国の神々がお集まりになるという伝承があります。
八百万神をお迎えする「神迎祭」があるそうです。
 
これは旧暦月10月10日に国主祭りの神話の稲佐の浜で行われるそうです。
旧暦ですから今年は11月17日にあたるそうで全国からの神様は神社の十九社で寝泊まりされるそうです。
その時、縁結びになった人々と結婚することになるそうです。
私もその時決めて頂いたのでしょうか・・
神様はロマンチックでダイナミックですね。
昨今はネットを使った縁結びがあるそうです。
情報社会の機器及び管理のエキスパートを目指して!
アタケに何でもご相談下さい。
決してイヤとは言いません!

お彼岸

2018-09-14
彼岸は春分・秋分を中日として前後合わせて7日間だそうです。
彼岸会はこの間に行う仏事のことです。
中日、春分秋分の日は、先祖に感謝する為お墓に参ります。
敬老の日も、もっと近い先祖を尊ることより、当然の事と思います。
 
今年は例年になく猛暑でした。
暑さ寒さも彼岸までとは良く言い伝えたものです。
 
台風、地震と被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げると共に一日一秒でも
早い立ち直りをお祈りしています。
 
自然の猛威には恐れ慄くしかないのでしょうか・・
強靭な国土になってほしいと願うばかりです。

お盆

2018-08-10
お盆を迎える時期になると色々なことを思い出します。
一番近い先祖、父、母の事が特に多く懐かしく、その偉大さを思い自分もその年になっているのですが、
まだまだ修行不足を痛感いたします。
 
なすびとキュウリをポット栽培をしていますが、特になすびについては
「親の意見となすびの花は、千に一つのムダがない」
まったくその通りです。
今月初めに咲いた花が実り、朝餉のお味噌汁の具で頂きました。
「利は内にあり」
利益は外でお客様に頂く利益だけでなく、内にも無駄無理がなければ利益が得られる事、家庭が仲良く健康で
あるのが第一と教えられました。
 
食しながら親として、子供にもの言えるにはまだまだです。
修行、修行です。

紫陽花

2018-06-07
当地は今日(6月6日)、梅雨に入りました。
昨年よりは15日早いそうです。
しかし例年よりは2日早いそうです。
平均値はおもしろいですね。
 
昨年のことが頭に入っていて「あれ?昨年はもっと遅く雨入りになったのになぁ・・」と思います。
毎年の6月の7.8.9日は東京に出張で行きますが、傘を差した覚えがありません。
今日は少しですが雨が降っています。
 
今、新幹線で向かっていますが富士山はあまり見えません。
紫陽花の姿は何か雨の中では誇らしげで、どうだ!雨の中でもウジウジせずに私のように皆に見せてやれ!
と言っているようです。
 
紫陽花のように濡れて良し、晴れて良し
どんな育て方も咲く、強い花(人間)になりたいものです。

天上天下唯我独尊

2018-04-05
4月8日はお釈迦様の誕生日です。
 
お釈迦様は生まれてすぐに立ち上がり歩かれたと言われています。
右手で天を指し左手で地を指して、天上天下唯我独尊と言われたそうです。
意味は「人間は一人一人が誰にも変わることの出来ない人間として生まれており、一人一人が尊い存在である」とのことです。
 
何ものにも存在価値があり、この世の中で不要なものは無いのではないでしょうか。
お役に立つこと自体が存在価値といえます。
今日も皆様の為、アタケは頑張ります。
         葉桜になりました
TOPへ戻る